公益財団法人 山梨県健康管理事業団  
リンクサイトマップ個人情報保護方針お問い合わせ
トップページ 事業団について 健診・検査 結果について 事業団だより 普及啓発活動

ホームホーム > 普及啓発活動 > がん検診について > 大腸がん検診について

普及啓発活動
がんについて 基礎知識
がん検診について
肺がん検診について
胃がん検診について
大腸がん検診について
乳がん検診について
子宮頸がん検診について
腹部超音波検診について

学童検診 名簿ファイル提出

県立学校 名簿ファイル提出

職域健診 名簿ファイル提出

大学・専門学校健診 名簿ファイル提出

住民健診 名簿ファイル提出


がん検診について


大腸がんについて

 近年、大腸がん(結腸がんと直腸がん)が増加しています。平成23年に大腸がんによって亡くなった方は、全国で、肺がん、胃がんに次いで3位となっています。山梨県においても同様に肺がん、胃がんに次いでの3位となっています。
また、罹患率においても同様に増加傾向であり、山梨においてもここ数年は2番目に多い数の方が大腸がんと診断されています。食文化の欧米化等により、今後も増加すると予想されています。


死亡率・罹患率図

 食文化の欧米化により、日本においても肉食が多くなり、繊維質を多く含む食物を食べる傾向が少なくなっています。穀類や豆、イモ、海藻類などは便秘を予防し、発がん作用を弱めると言われています。

 また、大腸がんは早期のうちに見つけることが出来れば、手術で完全に治すことが可能ながんです。自覚症状が出る前に見つけることが重要です。目に見えないような少量の出血でも、便潜血反応検査では見つけることが可能です。早期発見、早期治療のためにも、定期的に検診を受けることが大切です。

病期と生存率

胃がん5年相対生存率

大腸がん検診とは


 問診と便潜血反応検査です。大腸の中にがんや潰瘍などができていると大腸から出血します。便の表面を採便棒でこすり取って、大腸からの出血を検査するのが便潜血反応検査です。検査自体も簡単であり、また費用もそれほどかかりません。40歳を超えると大腸がんに罹る人が増加します。また、平成23年度から、働く世代への大腸がん検診推進事業として対象年齢の方に無料クーポンの配布も行われています。ぜひ年に1度は検診を受けましょう。


大腸スティック写真

 当事業団が平成22年に行った大腸がん検診の結果では、受診者数は12,296人、うち要精検者(精密検査が必要と判定された人)の数は608人で要精検率は4.94%。
また、この中で精密検査を受診した人は339人(精検受診率55.76%)。
この検診を通して発見されたがんの数は8人でがん発見率は0.07%でした。


大腸がん検診受診者1万人中→大腸がん罹患者7人

要2次検診、罹患率

この結果により、大腸がん検診受診者の1万人中、胃がん罹患者は7人。大腸がん検診受診者1万人のうち494人が要精密検査と判定され、実際に精密検査を受ける人はその494人中275人。その275人の中から7人が大腸がんを発見された割合ということになります。

胃がん罹患

大腸がん検診では、大腸がん以外に大腸ポリープを発見することが出来ます。
同じ平成22年度において、当事業団が行った大腸がん検診において、大腸ポリープ122人を発見し、治療に結び付きました。
 受診者1万人あたりに換算すると、大腸ポリープが99人見つかったことになります。


大腸がん以外

 集団検診で見つかる大腸がんは、無自覚であるため早期のものが多く、したがって生存率も高くなります。よって検診による早期発見が大切になります。



公益財団法人 山梨県健康管理事業団 〒400-0034 山梨県甲府市宝一丁目4-16 055-225-2800(代表)
ページ上部へ